道後温泉       



道後には、公営の温泉が二つあります。ひとつは、ホテルを出て正面、
道後温泉本館。 明治27年に建てられ、木造三層楼の伝統ある風格。
平成6年、国の重要文化財に指定されております。 そしてもうひとつは、
新館の椿の湯。(徒歩2分)
せっかくだから、二つの温泉を堪能してみては・・・?

泉質はアルカリ性単純温泉です
道後温泉本館
椿の湯


入浴術
ホテルから、どうぞお浴衣でお出かけください。温泉は、目の前です。
まず、出入り口右の券売所で、利用したいお風呂の券を買います。
では、いざ!!道後温泉本館へ〜。

新料金
  2014/6/1〜  
道後温泉本館 タイプ 料金(大人/小人) 営業時間(札止め ご案内
神の湯階下
(かみのゆ)
410/160 6:00〜23:00(22:30) ご入浴のみです。
気軽に利用できます。
神の湯二階席 840/420 6:00〜22:00(21:00) 神の湯の入浴と二階の大広間での休憩ができます。お茶とお煎餅のサービスあり。
霊の湯二階席
(たまのゆ)
1,250/620 6:00〜22:00(21:00) 神の湯へも、ご入浴可能。浴衣・タオル等の入浴セット、お茶・お煎餅のもてなしあり。
霊の湯三階個室 1,550/720 6:00〜22:00(20:40) 二階席との違いは、三階個室でのご休憩ができる点と、お煎餅が坊ちゃん団子にかわる点です
又新殿(見学のみ)
(ゆうしんでん)
260/130 6:00〜21:00 皇室専用の浴室です。
椿の湯
(つばきのゆ)
360/140 6:30〜23:00(22:30) 比較的、地元の人たちが集まるのが、ここ椿の湯。伊予弁に、耳を傾けるのも、いいかも!?  
※入浴料の小人は2〜11歳、又新殿の小人は6〜11歳となります。
 神の湯・椿の湯には、石鹸・タオルはありません。
お部屋のものをお持ちになるか、本館にて50円で貸し出しのものをお受けください。


ホテル パティオ・ドウゴ